闇金融と消費者金融の違い

闇金融とは、国や都道府県に貸金業としての登録をしていなくて、違法にお金を貸す貸金業者のことをいいます。

闇金とかヤミ金融とも表記されていますね。

街中や繁華街に張り紙をしているところが多くて、すぐにお金を借りれる的なことを書いて勧誘しています。

小口での融資をしを高金利を取るケーズや、複数の金融機関から借金をしている債務者に借入をまとめることができるなどと言い、勧誘して高金利の契約を結ばせたりと、闇金融には様々な形態があるようです。

闇金融の得た資金は暴力団の資金源になっていることが多く、私たちの人権を無視した取り立てを行ったりと被害が深刻となっています。本当にテレビドラマのような世界なんだと思いますね。社会問題にもなっています。
消費者金融と闇金融を同じに考えている方も多いと思いますが、それは全くちがいます。

消費者金融と言われているところは高金利を取ることもありませんし、取り立てがあるわけでもありません。消費者金融は法律に沿ってお金を貸している業者なので安心です。
複数の消費者金融や1か所であっても多額の借金を背負ってしまい、右も左も向けなくなった時に駆け込みとして闇金融に走る人がいます。しかし、借金が返済できなくなるよりも闇金融でお金を借りてしまうことの方が怖いので絶対にやめてくださいね。

今は、債務整理や自己破産などどうにかする対策はあります。闇金融からお金を借りるくらいなら絶対に債務整理などをするのが一番。
闇金融に足を踏み入れてしまうと、消費者金融では家族や職場に迷惑の掛かることはないに等しいのですが、闇金融は家族や職場まで巻き込まれる可能性もありますし、最悪の場合自分の命だって保証できなくなるんじゃないかと私は思っています。

間違えて闇金融で借りてしまわない為に、万が一の時のために消費者金融の中でもどこがいいのかを知っておくのもいいと思います。

参考・・・消費者金融どこがいい

消費者金融の中でも金利が高かったりと消費者金融よりではありますが危険かも??ってうところもあるようなので大手銀行系や有名どころの消費者金融を選ぶようにしたらいいですね。
闇金融が貸付対象としているのは、最も多いのがブラックリストに載っている人やすでに他の金融から借金をしている多重債務者たちです。

一般の消費者金融から融資をしてもらえないという闇金融からすれば弱みを持っている人を狙って勧誘をしてくるのでもし自分がブラックリストに載っているとかっていう方も簡単に気持ちを許してしまわず、流されないように気を付けてくださいね!